視覚認知トレーニング受講者の声

小学3年生 橋本 わかな さん
くん 青葉塾で学んだ1年間で私が自信をもって言えることがあります。それは、シートン動物記の感想文が入選したことです。青葉塾で教わった視覚認知トレーニングで本がしっかりと読めるようになったおかげだと思います。算数では、文章題や図形の問題などもよくわかるようになりました。
小学3年生 奥野 まこ さん
奥野真子ちゃん 本をはやく読めるようになって国語のテストの点が良くなりました。筆算の計算ミスも減りました。それと記憶のトレーニングも先生の説明がとても面白くて楽しいです。
小学4年生 大澤 たいが くん
大澤泰雅くん 本を読むときの目がうまく動くようになりました。色んな記憶法も教えてもらえて面白いです。とくに星座の名前の覚え方が面白かったです。今度は自分で元素記号を全部覚えたいです。
小学5年生 淡路ちさと さん
くん 視覚イメージ記憶法を使うと、短時間で難しい漢字や星の名前を覚えられるので、すごいと思いました。中学生になったら、この方法で英単語も覚えようと思います。また、国語の授業では、物語文の文章がとても面白いので、楽しく勉強できました。
藤川 ひかり  早稲田大学合格
くん 私は小学生の頃、変てこなトレーニングばかりやらされていました。たとえば、目を動かしたり、数字を見つけたり、言葉をイメージでつなげて覚えたり、等です。正直、こんなことをやっていて意味があるのかなと思っていました。「私もまわりの友達のように学習塾に行きたい!」とお願いしても父は聞いてくれませんでした。「学校の勉強を大事にして、ちゃんと視覚認知レーニングをやっておけば十分だよ。」の一点張りでした。結局、小学生の間、学習塾には行かせてもらえず中学受験もしませんでした。それでも地元の公立中学に入ってから不思議なぐらいに成績が伸び始めました。そして都立高校に入ってからも英単語、漢字、古典単語、歴史年号などは全て視覚イメージ記憶法で覚えたので、暗記にストレスを感じたことはありません。おかげで部活や趣味を楽しみながら、大学に合格できました。父は青葉塾の塾長です。
藤川 こうすけ 筑波大学合格
くん 父が青葉塾の塾長だったこともあり、小学3年生の時にほぼ強制的に入塾させられました。 その頃、将来はゲームソフトを作る仕事をしたいと言っていたら、パズルやブロックなどの空間認知トレーニングと算数をみっちりとやらされました。 父は普段は冗談ばかり言って面白い人なのですが、途中で諦めたり、サボったりすると恐怖の雷を落とします。 なので、とにかく青葉塾の授業と宿題は一生懸命に取り組みました。 その甲斐あってか、理数科目の難問を諦めずに粘り強く考える力がついたと思います。 友達とオンラインゲームに熱中したり、プログラミングコンテストに出場したりと、好きなことをやりながら、行きたい大学の情報学部に合格できたのは、青葉塾で地頭を鍛えてもらったおかげだと思います。